ナビゲーション

 1月 2月  3月   4月 5月   6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
◎京都 着物で散策 10月のお薦め散策  閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index  
10/1 着物パスポート 2011/10〜 新らしいパスポート発行
10/1〜11/30 吉祥天女立像開扉 浄瑠璃寺 相楽郡加茂町西小札場  三重塔(国宝)開扉
境内に安置されている薬師如来坐像(重文・一木造・藤原時代)を拝見出来ます。  
1〜5 瑞饋祭(ずいき祭り) 北野天満宮
お旅所

ずいきとはサトイモの茎。秋の収穫(五穀豊穣)感謝のお祭りです。作られるお神輿が大変ユニークなもの。名前の通りずいきやたくさんの野菜で趣向を凝らした有名な場面が作られた、めづらしいものです。1日から4日午前中までお旅所に飾られ、4日の還幸祭で(御旅所(午前10時)から天神さんまでの行列が見られます。
お旅所:上ノ下立売通西大路西入る(北野中学前バス停下車)

10月
第1日曜日
北白川天神宮 高盛御本膳行

高盛御供のページに詳細。前から徹夜で神饌を準備し白川女特有の「頭に載せて」、お供えの神様のお膳・ご馳走を女人行列で運び奉納するこれもまた特異なお祭り。

11〜13 壬生狂言 壬生寺 午後1時〜5時半
13 赦免地踊り 秋元神社
13 今様歌合せ 法住寺 今様とは平安時代即興歌楽人舞人が優雅に演じます(三十三間堂隣)静御前といえば緋袴白装束白拍子思い出される中世の女人芸能(脇田晴子さんの著書)に詳しい)
16 笠懸け神事 上賀茂神社 日本古来の弓馬術 勇壮な神事 13時〜
19 二十五菩薩お練供養 泉涌寺
即成院
金襴袈裟姿の子供たちが浄土に見立てた本堂へ練り歩く(13時)
19 嵯峨大念仏狂言  嵯峨清涼寺  秋季公演
22 時代祭り 平安遷都から1100年目にあたる明治28年に始まった京都三大祭の一つ。正午:約2,000人、2kmの行列が建礼門前=御所・堺町御門から出発する。烏丸通を南行→烏丸御池(12:52)=市役所前(13:20=三条京阪前=平安神宮(14:30)に到着の予定  名誉奉行、総奉行、維新勤王隊列、志士列、徳川城使上洛列、江戸時代婦人列、豊公参朝列、織田公上洛列、楠公上洛列、中世婦人列、城南流鏑馬列、藤原公卿参朝列、平安時代婦人列、延暦武官行進列、延暦文官参朝列、神饌講社列、前列、神幸列、列奉行、白川女献花列、弓箭組列の順 十二単衣から桂女まで、女人衣装が興味深い
22 鞍馬の火祭り 由岐神社 平安時代、内裏に祭られていた由岐神社の鞍馬へ遷された。たいまつを燃やしこの遷宮を迎えた故事にちなむ里を挙げての火祭
25 抜き穂祭 伏見稲荷神社 11時から
6月の田植祭で植えられた稲穂を刈取ります。11/8のお火焚で燃やされ収穫感謝の祭りとなる
3011/5 御所 一般公開  
30〜11/3 秋の古本祭り 百万遍知恩寺 10〜17時
詳しくはそれぞれの主催者にお聞きください。   
┃ 閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index