ナビゲーション

 1月 2月 3月   4月 5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
11月

七五三  七五三の可愛らしい着物姿のお参りが11月中あちこちの神社で見られます、 思わずほほが緩みます・・・・
もみじ狩  11月のお奨め散策は全てもみじに彩られると言ってもいいですね。もみじに負けない秋色の着物と羽織で出かけましょうか・・・11月の京都はもみじに彩られ深まるお秋を満喫。このところの冷え込みとともに、街や京都盆地の周りの山があでやかな秋色になっています。東山もゆったり秋衣装でなまめかしい寝姿に。遠くまで行かずとも毎日の散歩がもみじ道に。内御所一週、二条城の御殿の奥の庭園 イチョウの黄色やもみじが艶やかな秋色。
炬燵開き   旧暦の10月最所の亥の日(今年は12日)に掘り炬燵を使い始めます。茶道では炉開きの季節。 亥の子まつりとも言われ亥の子餅を頂きます。この日から炉や炬燵を使い出すと火の用心に良いといわれています。我が家のおこたは掘りごたつ! 急な冷え込みも「おこた」があれば怖くない
御所一般公開  10/30〜11/5  雅楽や蹴鞠の催し
宝鏡寺秋の人形展  1〜30
 
南座秋の舞台体験  8〜24
11/8〜24日開催 楽しい解説付きで花道を歩き、回り舞台やセリに乗る事が出来ます。ロビーには作りものの馬、渡し船、駕籠もみな実際に乗って遊べます

夕霧祭 江戸時代の名妓夕霧を偲ぶ法要と太夫道中
 神泉苑狂言    壬生狂言と同じく無言狂言 毎年11月第1(金)〜3日間
平成26年 11/7日 夜   8・.9日 午後と夜上演
平成27年  11/6日 夜  7・8日 午後と夜 上演
お火焚き  京都のあちこち収穫感謝・商売繁盛・火の安全を祈り護摩木などを焚きます。神社だけでなく個人のおうちや火を使う商いの家も昔必ずお火焚き行事をしていました友禅屋もお湯を沸かしたりいろいろ火を使います。絵の具場にちょっとした祭壇を作りお湯をシュンシュン沸かし、神事を執り行いました。私のおばはお豆腐屋さんでしたが、やはり毎年お火焚きをし、必ず定番の「お火焚き饅頭にゆず味オコシとおみかん」のお下がりを持って訪ねてくれていました。 
伏見稲荷8日 広隆寺22日  車折神社23日 など・・・

お十夜  真如堂   15日〜中頃 読経の中の紅葉も…と友人の一押し紅葉見物
東福寺〜泉涌寺窯元もみじまつり  22〜30  この一帯に50余りの京焼窯元が有り陶器市が催されます。色々と楽しい企画があります
非公開文化財特別公開  この秋普段非公開の寺院などが公開されます
海住山寺 〜11/9  
天竜寺・宝厳院 獅子吼の庭 〜12/7

大覚寺   嵯峨菊見ごろ。

美術展  〜11/16 平成知新館開館記念展
国宝重文、目もくらむほどの展示。見逃せません

   〜11/30  京都市美術館 
ボストン美術館・華麗なるジャポニスム展

   〜11/24  国立京博  鳥獣戯画と高山寺
  〜11/30 堂本印象美術館 
京都画壇の巨星たちU・文化勲章受賞者による日本画
     
      護摩焚き供養
   槌屋町弁才天祭礼
       11/3
┃ 閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index