1月     
 1月 2月 3月  4月 5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index           
元旦〜2日 心経祈祷修正会  大覚寺 心経祈祷会 新年にあたり天下泰平、万民豊楽を祈し祈願会が行われます。
1日〜3日 皇服茶  六波羅蜜寺 皇服茶授与
2日〜4日 筆始祭・天満書  北野天満宮 筆始め祭、神前書初め(2日)
元始祭(3日)狂言奉納
天満書(2〜4日)
  3日 かるた初め 八坂神社  十二単衣の平安装束で百人一首 
 4日 蹴鞠始  下鴨神社 蹴鞠始めの儀
 5日 八千枚大護摩供  赤山禅院  叡南俊照大行満大阿闍梨の大護摩修法 
 7日 七草粥 ♪ななくさなずなとんどのとりがわたらぬさきにななんくさなずなななくさなずな♪と繰り返し包丁でまな板の七草をとんとん叩き刻みお粥に入れます。我が家ではお水を多目にし丸餅もいれ塩味でいただきます
白馬奏覧神事
(白馬の節会)
   
昔、白は青に見えたのです
 上賀茂神社  七日正月で七草粥を頂く日、上賀茂神社では社頭に七草粥を供え神馬を引き出して祭神にご覧頂くという行事です。折敷に載せた(一晩水に浸して柔らかくした)大豆と人参を与えて人々の1年の安泰を祈願します。元は宮中で行われていた白馬(あおうま)節会を神事化したもの。一月七日、「人日(じんじつ)の節句」に青馬を見ると一年中の邪気・病魔を祓うとされる中国の故事にちなんで始まった。古来、青みかがった馬が使われていましたが、醍醐天皇のころから白馬を用いるようになってからも白を「あお」と読んで、名残を残しています。青は春を示す色。又馬は陽の獣とされ邪気を祓う動物でした。また陰陽5行では「水」であり農業に大切な水をつかさどる意味も持ち豊作を祈る意味もありました。
七種(ななくさ)神事 御香宮神社 しめ縄やお札を焼く焼納祭の後、参拝者に七草粥がふるまわれます。また、この日に白馬を見ると健康に暮らせるという言い伝えにちなみ、「白馬 (あおうま) 飾り」が一般に公開され、風邪除けの勝栗守りが授与されます。
8日  泉涌寺  福神の特別開扉(各塔頭寺院・日出〜日没)
福笹吉兆授与甘酒、こぶ茶、小豆粥の無料接待
8日〜12日 初ゑびす   恵美須神社  招福祭、湯立て神楽、餅つき神事(8日)
宝恵籠社参(8・9日) 宵ゑびす祭(9日) 初ゑびす大祭(10日) のこり福祭(11日) 撤福祭(12日)
9日〜10日 祇園のえべっさん    八坂神社境内の北向蛭子社(えびすしゃ)
 第2月曜日 成人式    20歳、社会人となる式典。一番大きな通過儀礼
ふさわしい装いとして着物特に振袖が選ばれますね。男性も紋付羽織袴の正装
10日 初金比羅 安井金比羅宮 11時〜 一年最初の縁日。前年12月10日の終い金比羅からこの日まで、縁起物の稲宝来が授与されます。稲宝来 3,200円
12日 奉射祭      御弓始神事 伏見稲荷  本殿祭のあと、神苑斎場で奉射の儀が大蛇に見立てた注連縄に、矢を放ち邪悪を祓います。つづいて、2人の神職が約20m先の大的に矢を射って、その当たり外れで五穀の豊凶と景気の吉凶占いもします。破魔弓と神矢で邪気を祓い陽気を迎える神事
15日 柳のお加持 と 弓引き初め通し矢 三十三間堂 柳のお加持:内陣を無料開放し、参拝者に柳の枝でお加持の浄水をそそぎます。恒例の弓引き初め(新成人が女性は振袖・男性は黒紋付に袴できりっと弓を引きます
14日 法界寺裸踊り     (修正会) 法界寺 結願にあたる14日の夜から、体を清めた信者の男達が下帯のみの裸で、祈願を込めて踊ります。

15日
小豆粥 各家庭で 小正月(女正月とも言う)を祝い、霊力のある赤の小豆でお粥を炊きいただきます。
昔は、嫁や使用人が、16日にかけて泊りがけでお里帰りできる1年に2回のうちの貴重な薮入りの日
だった
お粥神事 下鴨神社 10時〜 小豆粥、大豆粥を神前に供し、国家国民の安泰を祈願し、執り行なわれます。神事の後、志納で接待も行われます。
15日 初六阿弥陀めぐり 阿弥陀如来の名号を念ずれば極楽往生するとされる阿弥陀信仰の行事
1.真如堂(左京区浄土寺真如町)

2.永観堂(左京区永観堂町)

3、清水寺阿弥陀堂(東山区清水)

4.安祥院(東山区東山五条東)

5.安養寺(中京区新京極蛸薬師)

6.誓願寺(中京区新京極三条) 

 16日  武射神事  上賀茂神社  0時〜 御幣殿前の芝生に長さ約40メートルの射場が設けられ、狩衣、烏帽子(えぼし)姿の神職たちが的を射て、悪鬼祓除を行い、その年の息災を祈願します。限定の守護矢が授与されます。
20日 湯立神楽 城南宮 大きな釜に湯を沸し、祓神楽、御弊舞を舞い、悪霊退散・無病息災を祈ります。
21日 初弘法(終日) 東寺 賑やかなお正月の初市
25日 初天神 北野天満宮 
┃ 閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index