京都 着物で散策  八月 お薦めきものさんぽ
7 夏越神事 下鴨神社 夏越の神事。矢とりの神事と呼ばれ、御手洗池に立てた斎串を男性たちが取合う合戦を。手にした者は開運厄除の加護があるといわれます。
7 〜10 六道まいり 六道珍皇寺 4日間、午前6時〜午後11時までに詣で「迎え鐘」をついて、先祖の亡魂・精霊を迎えます。冥土にも届くといわれる「迎え鐘」お寺の前の六道の辻あの世この世の分かれ目に立って見ると何か見えてくるのでは・・・お向かいの西方寺では地獄絵図の公開も
7 〜10 陶器まつり 若宮八幡宮 大陶器市(7〜10日) 於五条坂  夜店 
若宮陶器大祭(8日) 厄除開運陶製絵馬授与

8 〜10 六波羅蜜寺万灯会 開白法要(8日早朝) 大万灯点灯法要(8日〜10日)送り火万灯法要(16日)数多くの灯明を人形文字“大”のかたちに点火し、先祖の精霊を迎え追福の祈祷をする行事。
8 〜16 六道まいり 千本ゑんま堂法要(期間中終日) 精霊迎え。 精霊送り。
精霊迎え火
盂蘭盆万灯
壬生寺 精霊迎え火 盂蘭盆万灯供養会 六斎念仏法納(9日・16日)
万灯供養会(9日〜16日) 灯篭1200個を点灯します。

9〜10 東大谷万灯会 東大谷 お盆のお墓参りで賑わう境内に、約2万個の万灯が参拝者のために献灯されます。
14 〜16 万灯祭 車折神社 万灯会 紙灯籠に願い事などを書きて、灯す行事。
15 花背松上げ 花背竹で作った大笠をとりつけた高さ約20mの檜丸太の頂上めがけ
て、あげ松と呼ばれる小さい松明を投げ入れ、松明を点火させます。


16 大文字五山送り火 大文字、妙法、舟形、左大文字、鳥居形の五山の山上で護摩木を燃やし、冥府に帰る精霊を送る。その日までに麓などで護摩木の奉納受付が行なわれます。あの護摩木が燃やされご先祖さんを送ると思ってみる大文字はまた格別。私は御所石薬師御門あたりから見ますが
「船」のふもとには親のお墓もありビルの谷間から見るといろいろなことを思い起こします。観光行事というよりも日本人の体の奥に染めこまれたのあのよ・この世の感覚が蘇えるようです。


16 精霊送り万灯流し  徳林寺 万灯流し 嵐山渡月橋東詰の臨川寺前で法要を行なった後、万灯流しを行います。(小雨決行)。大文字(鳥居形・大文字)と万灯流しを同時に見ることができます。
23日を中心に 地蔵盆 市内各町内でまだ夏休みの宿題残ってるけど、地蔵盆は遊べる!おやつも出るしくじ引きで良い物もらえるし・・・子供の夏最後のお楽しみ
子供の守り本尊・大日如来さんの縁日に子供の救いお地蔵様を祀る催し


22 〜23 京の六地蔵めぐり 旧街道の入り口にい安置した6寺(1.六地蔵・大善寺、2.上鳥羽・浄禅寺 、3.桂・地蔵寺、4.常磐・源光院、5.鞍馬口・上善寺
、6.四ノ宮・徳林庵)を巡りお参りします

23〜24 化野念仏寺千灯供養 千灯供養 地蔵盆の行事として境内に祀る8,000余体の石塔、石仏に灯明を捧げます(入山は完全予約制です)。

24 雲ヶ畑松上げ 山上に木で文字型の櫓を組み、松明をつけます。この文字は毎年 異なり、また点火するまで秘密にされています。
闇深い空に尾を引いて投げ上げられる「火」は思いを深めます


24 広河原松上げ 広河原 松明点火 愛宕神社への献灯によって火難除け、豊作祈願を行うと共に先祖を供養します。

24 久多花笠踊り 志古淵社 (久多)花笠踊りは、まず氏子の手により紙や木の芯で花笠をつくり、その花笠をもって男たちが太鼓と音頭取りの唄に合わせて踊るものです。

┃ 閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index