◎京都 着物で散策 京の町屋の ひな祭り
  
3月3日は桃の節句   今年も3月2日一日がかりで雛飾り。
明日の朝まで お雛さんとお内裏さん 向かい合わせに座ってもらいます。
お雛さん出したとき、気のせいか ほぉっ とお顔が染まったような・・・
今夜は ぼんぼり を 一晩中つけておきましょ。  一年ぶりの逢瀬ね!
廊下もを、ばたばた走らんと、静かにしたげましょ。
そこら辺り 何やら艶々とした空気が流れ出て 春 ですね。
3月上旬  昔の中国では、「上巳(じょうし)」の日に、
身の穢れを人型に移し、水に流して厄除けすると言う春先の行事がありました。
平安時代の宮人たちはこれに倣い
禊(みそぎ)を行い、罪穢れを祓い、霊力の高い桃の花酒などを飲み、生命力の強くと「桃の節会」を行いました。
春は海での磯遊びも始る季節、「磯遊び」や「浜下り」という磯や砂浜で潮干狩りのような遊びをしたといわれます。「浜で遊ぶ」ということは、元々の「水に入って禊ぎする」という本来の行事が姿を変えたもの。
(桟俵に自分の罪穢れを移した男女一対の人型を載せ
    川や海に流す雛流しが今も各地で行われます。)
「曲水の宴」水に遊び、水に流すというのもこの仲間の行事の一つ。
清少納言や紫式部の時代、宮中や、お公家さんがたの間では人に似せた小さい人形「ひいな」の遊びが大はやり、この事と前述の「禊」が一緒になった「ひな祭り」になりました。
最初の頃は捨てていた形代を、室町から江戸時代にかけて、だんだんと贅を凝らした人形になり、毎年繰り返して飾る今の形が出来上がりました。 




小さく可愛らしい雛道具

貝桶
大部分は江戸時代の公家の女性の日用品を模しています。
なかには武家や民間のものも有り、各時代の理想や憧れが雛道具になったものと言えます。
お雛さんには、和菓子にも貝の意匠が多く用いられたりして、そのイメージが強いと言われます。
旧暦の三月三日頃、海は大潮に近く潮干狩りにはもってこいの季節。
桃の節句に蛤や蜆・赤貝入り白味噌の「ぬた」をいただくのは、磯遊びの名残でしょう貝合せに用いる蛤を納める容器。蛤の貝殻は他の貝殻とは絶対に組み合わないことから、女性の貞操の象徴となり、それを納めた貝桶は婚礼道具のなかでも重要な品とされました。

ほんまの柘植(つげ)で作られた
小さな小さな櫛

台湾のお人形も参加・国際交流・・・
この二人は結婚式の衣装
京劇のような冠がユニーク
「ひちぎり・又はひっちぎり」
ひな祭りといえばこの生菓子。春は貝が美味しいシーズン、このお菓子は真珠を抱く阿古屋貝のモチーフ
大叔母の子供時代の衣装
70年は経ちましょうか・・・
肩縫い上げ・腰の縫い上げが
愛らしい真綿の入った暖かい四つ身のきものと羽織
    “きものさんぽみち”ひな祭り   みんなでご馳走を作りました。 
まず、着物着付けのお稽古、それから「襷がけ」の練習もして、きりりと かいがいしい でしょ !
美味しいなぁ
と満腹の後は
ひっちぎりでお抹茶
今日の献立
五目ずし
生麩白味噌のおつゆ
花わさび煮びたし
桜飾り胡麻豆腐
身しじみの煮たもの
お豆さんの炊いたん
おぉっ、上手やなぁ
いえいえ、大した事あらへんぇ
私、お薄点てるの初めて!
泡あわになったらええんやねぇ うふふ
みんなで投扇興
上村松園の描く点数表が付いています。
的と扇の位置により点数が決まりそれぞれに源氏物語の巻の名前が付けられています。
昔のお姫様たちが、遊びながら源氏のお話にも思いをはせてたんやろなぁ。
 最高は「夢の浮橋」100点
始めはおしとやかに、徐々にみんなひ本気で大騒ぎ!意外と熱くなる遊びです!
しかし当たらへんなぁ・・・と無理やり皆が満足するような新しいルールを作ったりして遊びましたぁ
今年は孫の初節句
我が家のひな壇に犬筥(いぬばこ)を増やしました。

「犬張子」「御伽犬」とも呼ばれ、災厄から人間を護るとされ、、魔除けとされています。
上流の家庭では産室や幼児の枕元にも置き、婚礼の際にも用いられました。
お宮参りの贈り物や、お守りになった犬張子は、これがルーツ。
産着の「背守り」にでんでん太鼓などと一緒に下げるのもその名残。
我が家のお雛様は4月3日まで飾り、「旧のおひなさん」をお祝いしてから仕舞います。
続きに大将さんを出して大入れ替えですね。
これがまたひと仕事ながら、季節の移り変わり生活のメリハリ・・・
いわゆる「ハレとケ」 バイオリズムのリセットと言えるようです・・・元気の元かも
┃ 閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index